換気扇の大掃除は自分でやる?それとも?

年末が近づくと、気になるのが換気扇の掃除です。

換気扇は、きれいにしておかないと、しっかり働いてくれないのでちゃんと掃除するべきだとは思うのですが、なんたって億劫なんですよね。

やるぞ~!と気合をいれてからでないと、難しいんですよ。

換気扇は油汚れがひどいので、ついつい後回しになり、たぶん他のお宅でも困っている方は多いのではないでしょうか?

そこで換気扇の大掃除。どうすればいいかを調べてみました。



換気扇のそうじの方法

今は換気扇が自動で自分で掃除してくれるというものがあって、本当にびっくりしました。

今度、買い替えるときはそういうものも検討したいと思いましたが、取りあえずは、お掃除頑張りましょう。

できるだけ簡単に、力を使わずに汚れを落としていきたいと思います。

1. 外せる部品は、取り外します。大きなビニール袋を2重にして、60℃のお湯に過炭酸ナトリウム大さじ1を入れて、その中に換気扇の部品を入れ、お湯が冷めるまでそのまま置きます。

2. 冷めたら、金属の部分に過炭酸ナトリウムが残らないように、しっかりすすぎます。汚れが緩んでいるので、ヘラでこそげ落として、重曹で磨きましょう。

3. レンジフードのカバーは、重曹水で拭くか、汚れが取れにくければ、キッチンペーパーで重曹水の湿布をしてしまいましょう。レンジフードの内側も油が溜まっていると思うので、同じように湿布しましょう。

4. 湿布をした後は、そのペーパーでレンジフードのカバーの外側、内側をきれいにふき取りましょう。

5. 部品を元に戻して、換気扇掃除は完了です。

※ アルミ素材の部品には、アルカリ性の洗剤は使うことができません。素材を確認してから掃除をしてくださいね。(重曹は水に溶かすとアルカリ性です)

本当は夏におすすめ換気扇の掃除

年末の大掃除のときに行われることが多い換気扇の掃除ですが、本当は夏におすすめなんです。

夏なら、気温が高いので、油汚れが緩んで取れやすいからです。

来年からはぜひ、夏の換気扇掃除を検討してみてください。

換気扇掃除の注意点

換気扇の掃除をする際に気をつけることとして、「シンナー、アルカリ性、酸性の洗剤を使うと塗装がはげたり、変色することがありますので、中性の洗剤を使用してください」と取扱説明書に書いてあります。

せっけんや重曹を使った掃除は、環境には良い方法だと思いますが、使う際には目立たない部分で試してみてから行う方が良いと思います。
換気扇の掃除は、年に1~2回行う人が最も多く、次いで年に3~4回行う人となっています。
あまりにも掃除をしないと、油よごれがこびりついてしまい、故障することもありますし、本当に大変になって、ますます掃除をしたくなくなります。
できれば、3~4か月に1度くらいで掃除をするのが良いのでしょうが、簡単にレンジフードのまわりを拭くだけでも違うと思います。
油よごれが溜まると、せっかく換気扇がついているのに、換気がしっかり行われないということにもなりますね。

ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】

換気扇のそうじをプロに頼む方法

いまは主婦が忙しい時代で、まあ昔の主婦も忙しかったとは思うのですが、お掃除に時間をかけるのが難しいと思います。

家事、育児、仕事、介護などやることが山積みで、気持ちの余裕もなくなります。

ご飯は作らないとお腹が空くし、洗濯もやらないと着るものがなくなるし、子供の世話も親の介護もほったらかしにはできないし、仕事は行かないとお金が入ってこないし・・・

そうすると、最後に残るのが掃除なんですよ。

本当は掃除だって完璧にやりたいと思っているんです。でもどうしても後回しになってしまうんですよ。

そんなときにハウスクリーニングを頼む人が増えています。

お掃除のプロに日頃手の届かないところの掃除やプロでないと難しい掃除を頼んでしまうんです。

お掃除をすべて自分ひとりでこなそうと思うと、気持ちもイライラしますよね。

「どうして私一人だけ、こんなに忙しい思いをしているんだろう」とか、夫に対しても「換気扇くらい掃除してくれたらいいのに」など、つい思ってしまいます。

頑張って掃除をして、その結果イライラして家族に八つ当たりするよりも、お掃除の大変なところをプロに頼むことで、お母さんが優しく、心にゆとりを持っていてくれることが、家族にとっては大事なことなのではないかと思います。

そうは言っても、何となく手抜きをしているようで頼みにくいですよね。

わかります。

「主婦は料理からお掃除まですべてこなして一人前」みたいなプレッシャーが付きまとっていますよね。

でも、お掃除が得意な主婦もいれば、苦手な主婦もいます。

子供の勉強だって、得意なものや好きなことを伸ばしてあげた方がいいって言うじゃありませんか。

これを都合よく解釈して、苦手なお掃除はプロにまかせるけど、代わりに得意な料理で家族に美味しいものを食べさせてあげるのが、家庭が円満にいくコツなのではないかと思いますよ。

そして、きれいなおうちで無事お正月を迎えられるようにしたいですよね。

↓管理人おすすめのハウスクリーニングはこちら



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク