休眠口座の解約手続きをした時の体験談・方法

郵便局に行ったときに「郵便貯金の払戻しには期限があります」というチラシを見かけました。

長い間預け入れたままで、その後預入や払戻しなどの利用がない貯金について、払い戻しが受けられない場合があるということなのです。自分のお金が使えなくなるの??と不安になったので調べてみました。

休眠口座とは

長い間出し入れ等の動きのない口座は、休眠口座または睡眠口座と呼ばれています。

金融機関によっても違いがあるようですが、最後に動きのあった日から数えて10年が経過すると、休眠口座として扱われるようです。

休眠預金等活用法とは

2018年1月より休眠預金等活用法が施行されました。
2009年1月1日以降の取引から計算して10年以上取引のない預金等は、民間公益活動に活用されるという法律です。

普通預金、定期預金や定期貯金、定期積金等も対象になります。
外貨預金や財形貯蓄、マル優の適用となっている預貯金などは対象外にはなっていないということです。

最後の取引とは、預け入れや払い出しだけでなく、銀行によっては残高照会や通帳記帳なども含まれるようですが、金融機関ごとに扱いがちがうので、必ず確認をしてみてください。

ただ、休眠預金となったからといっても、金融機関で預金を引き出すことは可能です。

2009年1月1日から10年以上ということは、2019年1月1日から民間公益活動にどんどん活用されていくということですね。

休眠口座の確認方法

最後の取引から9年以上経っており、休眠口座になりそうで1万円以上の残高がある預金等については、金融機関から登録している住所への郵便かメールでの通知が届きます。

この通知が届いた場合には、休眠口座として扱われないそうです。

もし引っ越していて、この郵便での通知が届かなかったときには休眠口座として扱われるということです。

残高が1万円未満の時は、金融機関のwebサイトで公告が行われることになっています。

休眠口座の約9割は残高が1万円未満ということなので、該当する人は多いですね。

私も利用しているネット銀行である楽天銀行では、メールでお知らせが届くと休眠口座にならないのですが、メールが届かないときは、休眠口座に該当するということでした。(2018年11月25日現在)

ネット銀行は通帳がないので、うっかり忘れてしまったり、本人が亡くなったりして、相続人の人が全くその口座の存在を知らなかったときには、休眠口座になってしまう可能性が高くなります。

ご家族に口座のことについては、話しておいた方がいいですね。

ゆうちょ銀行の場合

ゆうちょ銀行の場合は、預け入れた日によって違います。

平成19年9月30日以前に預け入れた郵便貯金はすべて満期になっていますが、郵政民営化前(平成19年9月30日まで)に預け入れた定額郵便貯金、定期郵便貯金、積立郵便貯金は法律の規定によって、満期後20年2か月経つと、払い戻しが受けられなくなるそうです。

ただし、平成19年10月1日以降に預け入れた貯金はこの対象にはなりません。

休眠口座になってしまったらどうすればいいの?

休眠口座になってしまったら、銀行のATMで下ろすことはできなくなります。

通帳と印鑑を持って、銀行の窓口に行くと対応してもらえます。

合併した銀行の場合、合併した後の銀行で調べてもらうことができるらしいのですが、まずはできるかどうかの確認の電話をしてみることをおすすめします。

休眠口座(睡眠口座)を解約する方法

解約に必要なものとしては

1. 通帳

2. 登録の印鑑

3. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)

これらの他に、結婚で名前が変わっている人や引っ越して住所が変わっている人はその確認の手続きも必要となるため、必要書類を各金融機関に確認することが大切です。

せっかく手続きに行っても、書類が足りずに手続きできない可能性もあるからです。

通帳や印鑑を紛失した場合でも、対応してもらえる銀行もあるようなので、まずは確認してみましょう。

休眠口座であっても、その期間の利息を計算してもらえて、利息がもらえるケースがあります。(利息がもらえないケースは私の体験ではなかったです。)

銀行が合併してしまい、元の銀行の通帳を持っている人は、取りあえず合併した銀行に相談してみましょう。新しい銀行で対応をしてもらえます。

銀行に行っても、古いデータの確認については時間がかかることを念頭において、手続きに行きましょう。

私が休眠口座(睡眠口座)を解約したときの体験

私が以前仕事をしていた時に作ったろうきんの口座がありました。

退職してからは全く使うことがなかったので、29年間ほったらかしになっていた口座です。

たまたま通帳がでてきて、お金も少しだけ入っていますし、そのまま通帳を処分するのもお金の神様に怒られそうな気がして、どうしようかとしばらく悩んだ挙句、やっと解約の手続きに行く決心をしました。

大げさな感じですが、これが10万円くらい入っているならば、堂々と手続きに行けますが、何百円、何千円だと相当勇気がいります。

行ってみると、たまたまお客さんは少なかったため、事情を説明して解約をしたいと手続きをお願いしました。

約30年も前の通帳なので、機械では簡単に手続きはできず、「しばらくお時間がかかりますがよろしいですか?」と聞かれ、手続きの間そこで待つことにしました。

結局40分くらいかかって解約の手続きが完了しました。

利息を手計算してくださってたようで、何回も確認、チェックしながらの作業だったようです。これほど時間がかかると最初からわかっていたら、行かなかったかもしれません。

お金が少額だったからというよりも、大変手間を取らせてしまい、申し訳なかったなと思ったからです。

それも途中からお客さんが私ひとりだったのにも関わらず、このくらい時間がかかったので、これがお客さんがもっと多かったら、かなり大変だったと思います。

一応、10日・20日・25日等の給料日や、年金支給日の偶数月の15日、月末等の銀行が込みあう日を避け、小雨が降っていて、自分だったら銀行に行きたくないなと思う日に手続きに出かけました。

もしこれから解約の手続きに行かれる方は、銀行が込み合わない日を選んでお出かけされることをおすすめします。

こども貯金を解約した体験

その後、もう一度解約をしに行く機会がありました。

子供が小学生のときに「こども貯金」という積み立てをしていました。

小学校を卒業するときに解約すればよかったのですが、そのときはお金を使う予定がなかったので、また必要な時に解約しようと思ってそのままにしていたのです。

うっかりして、その子供が成人してしまった後に気がつきました。

子供名義の貯金は、20歳過ぎると親が積み立てしていたにも関わらず、子供本人でなければ解約することができません。

それで、今年の夏、帰省してきたときに解約の手続きをしました。

JAバンクで預けていたもので、小学校卒業後13年くらい経過していたのですが、20分くらいで解約することができました。

子供名義のものは、20歳過ぎると子ども本人でないと手続きができなくなるので、早めに解約する方がいいですね。

休眠口座(睡眠口座)にしないための注意点

銀行やゆうちょ銀行などの金融機関に住所変更や改姓などの必要な手続きをする

10年以上経過していると、引っ越しをして住所が変わったり、結婚して名前が変わっていたりして、満期の案内や休眠口座のお知らせが届かないことも考えられます。変更の手続きは必ず行いましょう。

使わなくなった口座はすぐに解約する

給与を振り込んでもらうための口座を、銀行や支店名を指定されて作りに行ったことがあります。退職するとその口座は全く必要なくなりました。退職と同時くらいに解約の手続きしないと、そういう口座を持っていたことすら忘れてしまいますよ。

銀行口座は増やしすぎないようにする

昔は銀行の人に口座を作ってほしいとか、積立をしてほしいとよく頼まれていました。何年か経つとその銀行員さんも転勤等でお付き合いがなくなることが多いので、必要でない口座は速やかに解約してしまいましょう。

ネット銀行などはメールアドレスを確認しておく

楽天銀行では、メールでお知らせが届くと休眠口座にならないけれど、メールが届かないときは、休眠口座になるということが書いてありました。(2018年11月25日現在)

プロバイダが変わるなど、メールアドレスを変更したときには、必ず銀行に変更の手続きをしておきましょう。

まとめ

キャッシュカードで千円単位までは下ろせるので、千円以下の残高の口座をそのままにしている人は多いようです。

金額は少なくても金融機関にとっては管理のコストもかかります。

少額であってもお金の入っている通帳を処分するのは、あまり気分の良いものではないので、口座を持ちすぎないことと、必要がなくなった時点で速やかに解約することを心がけましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク