リレーアタックによる車両盗難を簡単に防ぐ方法

リレーアタックという言葉を聞いたことがありますか?最近、このリレーアタックを使った車の盗難が増えています。車を傷つけることなくすばやく盗める方法で、日本でも増えてきた方法です。

被害に遭わずに済むように、対策を考えていきましょう。

リレーアタックによる車の盗難のしくみ

最近の車には、スマートキーが標準装備されている車が多いです。その便利なスマートキーの普及で車の盗難も増えているのです。

スマートキーのしくみ

以前のキーレスエントリーでは、リモコンから一方的に電波を飛ばしていたのですが、スマートキーシステムでは、リモコンと車は両方とも電波を発信しています。お互いの電波をやりとりすることで、このリモコンはこの車のカギであると識別できているんですね。

スマートキーは、カギが車内にあるのか車外にあるのかを判別できるので、カギを閉じ込めてしまう心配もありません。

スマートキーの利便性

最近の車は、本当にどんどん便利になっています。スマートキーの前のカギは、キーレスエントリーというしくみのカギでした。キーレスエントリーでは、ドアロックを解除するためには、リモコンのボタンを操作しなければならず、エンジンを始動するときは、キーシリンダーにカギを差し込んで回す動作が必要でした。

でも今は自分が鍵をかばんに入れていたり、ポケットに入れておくだけで、ドアノブを触ればドアロックが解除されます。大きな荷物を持っていたり、小さな子どもを抱えているときなど本当に助かります。

それにエンジンをかけるときも鍵を取り出す必要もなく、ボタンを押すだけという簡単さです。メーカーや車種によって操作の方法は違うと思いますが、いずれにしてもカギを取り出さずに済むので、簡単に操作できるようになったことに間違いはありません。

車両盗難のリレーアタックの手口

家の駐車場に車を置いている場合

スマートキーシステムでは、通常車のドアから半径1 mほどの範囲にリクエスト信号と呼ばれる電波が出ています。たいてい家の中に車の鍵を置いているので、リクエスト信号は家の中までは届きません。

しかし車の側で特殊な装置を使ってリクエスト信号を増幅し、その信号を中継して家の中に届けます。すると鍵から別の信号が出され、これを再び増幅させて車まで届けることでロックが解除できるというのです。

車のロックを解除するまでの時間は、わずか10秒ほどで済むそうです。気がついたときには、車に乗って逃げられたあとということになるかもしれません。

リレーアタックを防ぐ方法

リレーアタックを防ぐ電波遮断ポーチ

リレーアタックを防ぐ方法として、簡単で費用も安くすむのは、電波遮断ポーチです。これは実際にamazonで購入したものです。車にはスペアキーがあるので、2枚セットになっているものを購入しました。

この箱に2枚入っていました↓

大きさは縦 12.3cm × 横 8.3cmです ↓

ふたを開けてみるとこんな感じです ↓

収納場所は2つあるのですが、カギを収納するのは後ろのチェーンがついている方です。こちらにカギを入れないと、電波が遮断されません。

はじめは手前の方にカギを収納してしまったので、まったく電波を遮断できていませんでした。てっきり不良品が届いたのだと思っていたのですが、よくよく確認してみると収納する場所を間違えていました。

正しい場所に収納すると、見事にドアのロック解除もできないし、エンジンもかかりません。素晴らしいです。車の盗難が心配な方は試してみる事をおすすめします。

ただ難点は、本来はスマートキーなので、カギを取り出すことなくドアのロック解除ができたり、エンジンをかけることができていたはずなのに、いちいちカギを取り出さなければならなくなったことです。スマートキーの長所であったはずの機能が使えなくなってしまうのですね。

トヨタのスマートキーの電波を遮断するための節電モード

トヨタ自動車では、2013年度以降にフルモデルチェンジした全ての車種について、リレーアタックの被害を防ぐ技術を導入しています。

節電モードに設定することで、被害を防ぐことができます。

  • 1. スマートキーを「節電モード」に設定し、電波の受信待機を停止する。
    <節電モード設定方法>
    スマートキーの施錠ボタンを押しながら、解錠ボタンを2回押します。
    インジケータが4回光り、節電モードの設定が完了します。
    (節電モードを解除するには、スマートキーのいずれかのボタンを押してください。)
    なお、節電モード設定中はスマートエントリー&スタートシステムは使用できません。 節電モードとは、スマートキーの電池消耗が気になるお客様にお薦めしている方法ですが、リレーアタック対策にも有効です。
    車種により、節電モードの設定ができないものもあります。

    2. スマートキーを金属製の缶などに入れ、電波を遮断する。
    (電波遮断キーケース等がカー用品店などで販売されています。)

    その他、タイヤやステアリングを物理的に動かないようにする、カーロックやステアリングロック等の防犯グッズも防犯効果が高まります。

出典元:トヨタ自動車の公式サイト お問い合わせ・よくあるご質問

アルミホイルでカギを包む

アルミホイルで包むという簡単な方法で、電波を遮断することができます。料理に使ったりするアルミホイルに包んだり、金属製の缶に入れておくことで遮断できます。

外出先では難しいかもしれませんが、家では有効な対策です。

スマートキーで注意すること

スマートキーの紛失は危険

外出先でカギを落としてしまうと、本当に危険です。もし拾った人が悪い人ならば、カギを持ったまま車のドアにどんどん触れていくことで、他の人から怪しまれることなく、車を特定できてしまいます。すると、車の盗難の恐れが出てきます。

昔の車なら落ちていたカギを拾ったとしても、それがどの車のカギなのかを見つけるのは、至難のわざでした。スマートキーは、犯罪者にとっても便利になったとも言えます。

スマートキーの電池切れ

いつもかばんの中に入れっぱなしにしていて、急にカギが開かなくなったのにびっくりしてしまう人もいるかもしれません。電池で動いているので電池が切れれば、エンジンをかけたり、カギを開けることが出来なくなってしまいます。

急に動かなくなるというよりも、電池が少なくなってくれば少しずつ調子が悪くなるので、その時点で早めに電池を交換しましょう。急に動かなくなると、本当に焦ってしまいますよ。

まとめ

リレーアタックの被害はヨーロッパで多く発生しています。最近では日本でも被害が増えてきています。盗難の犯行の手口がどんどん巧妙になってきており、いろいろな対策をした車でも盗まれる危険もあります。

もし盗難にあったときには、自動車保険で車両保険をつけていると補償されることがあります。心配なときは、盗難でも補償されるタイプの車両保険に入っておきましょう。

そして便利な対策グッズを使って、大事な愛車を犯罪から守りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク