えんきんで老眼・近眼・ドライアイは良くなる?

小学生のころからの近眼で、かれこれ40年近くも見えにくい生活を送っている私。

最初は遠くが見えないだけの生活だったものが、40歳を過ぎたころから今度は近くも見えにくい生活となり、最近はほとほと困り果てています。

おまけにパソコンを使っている時間も多いので、眼科でもドライアイですね~と言われました。

ピントを調節する力が衰えているのは自分でも感じます。

遠くを見るためのメガネと、近くのパソコンや新聞を見るためのメガネを持っているのですが、テレビを見るときは遠く用、スマホを見るときは近く用というように交互にかけたり、外したりを繰り返すので、はっきり言って面倒くさいです。

何としてもすっきり見えるようになりたいと思って、いろいろ試してみることにしました。



ドライアイやスマホ老眼の悩み

現代の生活は、パソコンやスマホを使う時間が長いので、本当に目に負担がかかっていると思います。

パソコンを使っているときの、パソコンから自分の顔までの距離を測ってみると、約50㎝でした。

スマホまでの距離はもっと近いです。やっぱり目には良くないですよね。

何をやっても見えにくいのは、本当に不自由です。

目を休めるために、なるべく遠くを見る時間を作ろうと思うのですが、ついつい他のことをしていると忘れちゃうんですよ。

目を休めるために、温めたらいいというので、電子レンジでタオルを温めて目の上にのせてみました。

そのときは確かに目がすっきりするのですが、残念なことにお化粧をしているときや外出先では使えない方法なんですよ。

そこでおすすめしたいのが、日本初の目の機能性表示食品「えんきん」です。

スマホ老眼におすすめのサプリ「ファンケルのえんきん」

テレビのコマーシャルでもよく見かけるサプリメントであるファンケルの「えんきん」

2017年度ファンケル通販サプリメント売上No.1、お客様数No.1と大人気なんですね。

サプリなら飲むだけだから簡単だし、外出先にも持ち歩くことができますね。

忙しい毎日を送っていても、スマホやパソコンでも注文できて、簡単に手に入るところもありがたいポイントです。

「ファンケルのえんきん」の効果

さて、えんきんは、どんな症状に効き目があるのでしょうか?

えんきんには手元のピントを調節する機能を助ける効果、目を使うことによる一時的な肩や首筋への負担を和らげる効果があるとされています。

ファンケルのえんきんの成分

えんきんには、ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれています。

 マリーゴールドやほうれん草などに多く含まれるルテインを10㎎配合!
 ブルーベリーに多く含まれるシアニジン-3-グルコシドを2.3㎎配合!
 青魚に多く含まれるDHAを50㎎配合!
 サケやイクラに多く含まれるアスタキサンチンを4㎎配合!

1日2粒(目安量)にこれらの成分をギュギュっと凝縮しています。

【ファンケル】通販限定!今なら合計4週間分でお試し1,000円!

「ファンケルのえんきん」のこだわりポイント

1. ぼやけの緩和に役立つといわれている注目成分”ルテイン”をしっかり10㎎配合しています。

黄斑部の色素を増やすとして、注目されているルテイン。

黄斑部は光の刺激から目を守るとされているので、心強いですね。
ルテインはホウレンソウ等の緑黄色野菜や、マリーゴールドなどに含まれているのですが、人間の体内では生成することができません。

食事から摂取したり、手軽さでいえばサプリメントで摂ることがおすすめですね。

2. えんきんは臨床試験済み!

「えんきん」を4週間摂取するという臨床試験の結果、

その1. 手元のピント調節力に改善が確認されました!


その2. 目の使用による一時的な肩・首筋への負担を和らげることが確認されました!

♥ 合成着色料、保存料は不使用。
♥ 植物由来のソフトカプセルを使用しているので、体内で素早く溶け、配合成分が酸化から守られる。
♥ 続けやすい価格である「1日あたり72円」

「ファンケルのえんきん」の飲み方

1日に2粒が目安量となっています。

水などと一緒に飲むと飲みやすいです。

「ファンケルのえんきん」の口コミ

40代女性
毎日、愛用しています。仕事で毎日パソコンを長時間みているので手放せません。

40代男性
最近、特に夜になるとぼやけたり違和感が出てきていたたまれない時に、前に使用したことのある「えんきん」うぃ思い出して直ぐに
購入しました。今のところは調子が良いと思います。
このまま良くなれば最高です!

50代女性
歳をとると、夕方になると文字が読みづらくなります。そんな時はぜひ《えんきん》!!試してみる価値、大きいです。

60代男性
えんきんを飲みだして、その実感に、びっくりしてます。これからも続けていこうと思っています。

出典:ファンケルえんきんの公式サイト

まとめ

ピントを調節するのは目の筋肉の働きなんですね。

自分で筋肉を鍛えることはもちろん、休ませてあげたり、大事にしてあげましょう。

また、筋肉は年齢とともに衰えてしまうものなので、衰えを感じたら、それを助ける働きのサプリを効果的に使うのをおすすめします。

持ち運びも簡単でとっても便利ですよ。

まずは4週間試してみて、1日中頑張っている目の調子がよくなるかどうか、様子をみてみませんか?



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする